髪を生やしたいという人には、ミノキシジルが一番いい!

青色と白色のカプセル

タブレットも存在

現在ではミノキシジルを使用した商品が多数売られていますが、じつはミノキシジルタブレットというタブレットタイプのものがあるのを知ってますか?実際に使っていくならどっちがいいのかなど、色々教えていきたいと思います。

たくさんの薬

女性も薄毛になります

AGAは男性型脱毛症を指しますが、じつは女性にも薄毛になってしまう病気があります。もし女性で薄毛に悩まされている人は、果たしてミノキシジルを使うことができるのか?それともできないのか?

薬を持っている白衣の男性

記事一覧

「髪を生やしたいという人には、ミノキシジルが一番いい!」の記事一覧です。」

髪の毛が心配ならば…

色んな種類の錠剤

少し前まではフサフサな髪の毛だったのに、ふとしたときに鏡を見たらあきらかに量が少なくなっていたなんてことも、人によってはあると思います。
髪の毛があるのとないのとでは、人に与える印象も大きく変わるのは間違いありません。
もちろん髪の毛が多い方が女性ウケもよくなりますし、ビジネスシーンにおいても髪の毛がちゃんとあって整えられている人の方が圧倒的にいい印象を与えます。
よく女性にとっては髪の毛は命だといわれますが、それは男性にも同じことがいえるでしょう。
あなたの人生に髪の毛という存在は間違いなく大きく関わってくるので、髪の毛は大事にしなければいけません。

そしてそういうときに力を発揮してくれるのが、ずばり「ミノキシジル」になります。
ミノキシジルの持つ効果があれば誰でも元気な髪の毛を生やすことができるようになるでしょう。
ミノキシジルというものはもともと「経口血圧降下剤」として使用されていた薬になり、薄毛の治療に使われてはいませんでした。
1970年代におこなわれていた臨床試験において、実際にミノキシジルに増毛効果が現れるという報告が多くあったので、そこから頭髪に使ってみる実験がおこなわれたのです。
その結果、実際に薄毛に対して高い効果が見られたので、1980年にはちゃんと発毛剤として世に出回ることになりました。

現在では有名な大正製薬からもミノキシジルを含む「リアップ」という商品が販売されていたり、あとは海外において「ロゲイン」という薬が販売されていたりと、幅広くいろんなところでミノキシジルが薄毛治療に使われるようになっています。